日本財団ジャーナル

社会のために何ができる?が見つかるメディア

心奪われる独創性。障害のあるアーティストたちが生み出すアートの楽しみ方

写真
日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 公募展のアートディレクターを務める中津川浩章さん
この記事のPOINT!
  • 障害のあるアーティストの作品には、さまざまな障害特性が才能として現われている
  • アートに障害の有無は関係ない。作品に感動すれば、自然と人と人との「壁」はなくなる
  • アートを通じて多様性を認め合い、全ての人が自分らしく生きられる社会への足がかりに

取材:日本財団ジャーナル編集部

「障害の有無で人を差別してはいけない」

「多様性を認め合うのは大切なことだ」

頭では理解していても、無意識のうちに障害のある人を傷つける言動をしてしまったり、関わりを持つことを避けてしまったり…。そんな経験に思いあたる人も少なくないだろう。

「みんな同じ」であることが求められがちな日本の教育では、差別や偏見を根本的に無くすことは難しいのかもしれない。一方で、みんなと同じではない「特性」が、大きな才能を生み出すこともある。

日本財団では、障害のあるアーティストたちの作品を世界中から集めた「第4回 日本財団DIVERSITY IN THE ARTS公募展」(外部リンク)を開催。既成概念にとらわれない、自由な発想から生み出される作品は個性に溢れ、言葉では伝え切れない力強さや繊細さなど見る人の心を揺さぶる。

今回は、本公募展のアートディレクターで審査員を務めた美術家の中津川浩章(なかつがわ・ひろあき)さんに、作品の魅力ともっと面白くなる楽しみ方についてお話を伺った。

世界中から独創性あふれるアート作品が集結

日本財団が推める「日本財団DIVERSITY IN THE ARTS」(外部リンク)は、「障害者と芸術文化」の領域への支援を通して、誰もが参加できるインクルーシブな社会の実現を目指すプロジェクトだ。

その一環として、2018年より世界中から障害のある人が制作した過去に受賞歴のない作品を募集し、公募展を開催してきた。今回は2,122点の応募があり、各界で活躍する6名の審査員が選定した81点を4月13日から24日まで東京・渋谷で、63点を4月27日から5月1日まで横浜で展示した。

写真
「第4回 日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 公募展」の東京展示会場の様子

アートディレクターと審査員を務めている中津川さんは、「アートは障害のある人とない人の間にある壁を取り払う、大きな可能性を秘めている」と話す。

「本来アートに触れるときに、作者の障害の有無は関係ないんです。作品に感動すれば、自然とリスペクトが生まれる。『障害者を差別してはいけない』という意識からではなく、ただ『アーティストとしてすごい』という、当たり前の価値基準があるだけです」

そんな中津川さんが初めて障害者のアート作品と出合ったのは約30年前。とある企画展のために精神障害のある人と一緒にアート制作を行ったことをきっかけに、障害者によるアートの魅力にのめり込み、以来美術家として活動しながら数々の展覧会で企画・プロデュース、キュレーション(※)を手がけてきた。現在では、合同会社表現活動研究所ラスコー(外部リンク)を設立し、自身でも福祉事業所などの場で子どもから大人まで障害のある人たちの創作活動をサポートしている。

  • キュレーションとは、美術館や博物館で展示物を収集し、テーマごとに分類したり整理したりする作業

障害のあるアーティストたちに対して「とにかく驚かされる」と中津川さんは繰り返す。

「彼らの多くは美術を学んだ経験がありませんが、例えば印象派の画家が生み出した『点描※』の技法を、誰かに教わったわけでもないのに、ただ『自分がそうしたいから』という理由で、直感的に作品に取り入れている。びっくりしますよね」

  • 点描とは、絵画などにおいて線ではなく点の集合や非常に短いタッチで表現する技法
写真
本公募展の内覧会で作品について解説する中津川さん。言葉にも力がこもる

近年、こうした障害のあるアーティストたちの作品が注目を集めるようになり、全国各地でさまざまな展覧会が開催されている。本公募展では、毎回2,000点ほどの作品が応募される。作家たち自身は、「アート」として作ったわけではない作品が多いという点も特徴的だ。

「彼らにとってアートは、言語で表現できない感情をアウトプットする手段の1つなのです。はじめは、閉じた四角い鉄の箱だけがある。そんな作品で自分を表現していた作家が、制作を続けるうちに作品の中に他者の存在が登場してくるようになって、それまでは見ることのなかった笑顔を見せるようになった。彼らが作る作品には、そんなセラピーとしての要素もあります。その過程がとてもリアルで、アートを前提として作っていないからこそ、見る人の心に響く部分もあるのではないでしょうか」

見る者の想像力を掻き立てる作品の数々

そんな中津川さんに「第4回 日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 公募展」の総評を伺った。

「2,122点の中から一次審査に通過したのが1,311点。本審査では6人の審査員が作品と真剣に向き合いながら、それぞれ絞り込んでいきました。だからどの作品も思い入れがあるし、一般論では語れないような、ちょっと“変”な作品が多いかもしれません(笑)。毎年、ありとあらゆる障害特性の方からの応募があり、作品を見ているとその中には障害者の社会の縮図のようなものがあるなと感じます。選考に漏れたものも含め、一つ一つの作品を読み解いていくと、障害のある人たちが社会とつながりを築くのに悩んだり、苦しんだりしている現代社会が反映されているんですね。応募作品の中から『社会課題』をテーマにキュレーションしたら、まったく別の展覧会ができそうです」

写真:壁に絵画、机の上に立体作品が並んでいる
「第4回 日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 公募展」の一角

ここからはいくつか入選作品を紹介したい。

秋元雄史(あきもと・ゆうじ)賞を受賞したのは、インターネットで検索した画像をもとに描いたという宇都木慎吾(うつぎ・しんご)さんの《海辺の障がい者》。人物の輪郭はくっきりとした線で描かれているが、その表情はあいまいで、見る者の想像力を掻き立てる。

「もしかしたら人が怖いのか、情報量が多いから見ないようにしているのか、他者との間に距離感があるようにも感じます。でも、僕たちも誰かと初めて向き合ったとき、後で振り返るとあまり顔を覚えていなかったりしますよね。無意識に人と向き合うことに恐れを感じている人は多いのではないでしょうか」

写真
柔らかな色使いも印象的な宇都木慎吾さんの《海辺の障がい者》

エドワード M. ゴメズ賞を受賞した矢冨正太郎(やとみ・しょうたろう)さんの《かき》は、画用紙の中心に墨で縁取った大きな柿が描かれた作品。

「大胆に描かれた線が魅力ですよね。署名も味があるし、ポップだけれど、インパクトがある。飄々としていながら確信的な、この墨の線に惹かれます」

写真
作品を選んだゴメズさんが大絶賛したという矢冨正太郎さんの《かき》

中津川浩章賞に選ばれたのは、後藤田大登(ごとうだ・やまと)さんの《地図よ永遠に》。

「毎日持ち歩いている高速道路の地図をセロハンテープで補修していったらこうなったそうなんです。地図への偏愛というか、車で移動することへの夢と希望が地図に結びついて、ついには自分と一体化している。すごく面白い作品です」

セロハンテープでぐるぐると巻かれ、もはや大きな半透明の物体と化した地図からは、作者の「誰にも渡したくない宝物」に対する愛着が伝わってくる。

写真
思わず目が釘付けになる、後藤田大登さんの《地図よ永遠に》

海外作品賞に選ばれたのは香港のアーティスト、Fong Fong(フォンフォン)さんの《5 Senses 6 Feelings》。

「ユニークな鋭い視点で撮られた写真がたくさんコラージュされています。独特の世界観があって、すごく素敵ですよね」という中津川さんの言葉どおり、人や建物、植物などさまざまな写真や切り抜きをコラージュした分厚いブックには、飛び出す絵本のような仕掛けもあり、作者がワクワクしながら写真を撮り、コラージュしていった様子が目に浮かぶ。

写真
Fong Fong(フォンフォン)さんの「好きな風景やもの」が詰まった《5 Senses 6 Feelings》

それぞれが不自由さと格闘する中で作品が生まれる

社会の中では短所としてとらえられがちな障害特性も、アートの世界においては長所やかけがえのない才能として現われることも少なくない。

障害のある人のアートの楽しみ方について尋ねたところ、「単に『障害者』とひと言でくくってしまうのは雑だと思うんですね」と中津川さんは言う。

「視覚、聴覚、知的、精神、肢体不自由……障害の種類で単純にカテゴリー分けしてしまいますが、実際には個人差があり、重複障害もあり、抱えている状況はみな違います。例えば、専門用語では『過集中』と言いますが、1つのことに没頭するあまり、入り込んで抜け出せなくなることがある。でもこの特性が、生き生きとした力強い作品を生み出します。それから、文字を文字として認識できない人は、認識できないからこそ、絵の中に自由に文字を描き込んでみたり、書がのびのびとした作品に仕上がったり。作者一人一人の障害特性を理解すればするほど、作品との距離が近くなるし、アートも楽しくなると思います」

写真
一人一人のアーティストの障害や困難さが、作品に力を与えていると話す中津川さん

アートを評価する上で障害は関係ない。いつか来場者から「このアート展、かっこいい!なぜわざわざ『障害者』なんて付けるの?」という声が聞かれるようになったらうれしいと話す中津川さん。

「こんなに素敵な作品が生まれるのは、一人一人のアーティストが自分の障害と向き合って、不自由さと格闘しながら作っているからなんです。人間はみんな、何かしら困難を抱えている。そう考えると、生き方のお手本にもなりますよね」

最後に中津川さんは、次回の開催に向けてアーティストたちへこう呼びかけた。

「ぜひ、自分にとって大切なことを表現してください。それは必ず、人の心を打つ作品になります。たとえ入選してもしなくても、それが全てではないし、表現することであなた自身の人生が変わるはずです」

写真
東京はBunkamura Gallery/Wall Gallery(渋谷)を会場に公募展が開催された

「第5回 日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 公募展」の応募用紙受付期間は2022年6月15日~30日まで。公募展は2023年開催される予定だ。

次はどんなパワフルで繊細な作品と出合えるか、今から心待ちにしたい。

写真:十河英三郎

【「第5回 日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 公募展」作品募集】

日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS(ニッポンザイダン ダイバーシティ・イン・ジ・アーツ)は、2018年から続く、障害のあるアーティストによる作品の公募展「日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 公募展」の第5回開催に向けて、作品を募集いたします。募集対象は、国内外問わず、障害のある方が制作した過去に受賞歴のないアート作品となります。
応募詳細はこちら(外部リンク)まで

〈プロフィール〉

中津川浩章(なかつがわ・ひろあき)

美術家/アートディレクター
美術家としての制作活動と同時に、さまざまな分野で社会とアートの関係性を問い直す取り組みを行う。表現活動ワークショップ、バリアフリーアートスタジオ、美術史ワークショップ、講演等を通じて人間が表現することの意味、大切さを伝えている。アートスタジオディレクション、展覧会企画・プロデュース、キュレ―ションを数多く手がけ、川崎市岡本太郎美術館「岡本太郎とアール・ブリュット」展キュレーター、「ビッグ・アイ アートプロジェクト」展覧会アートディレクター等々務める。合同会社表現活動研究所ラスコー代表、一般社団法人Art InterMix代表、一般社団法人Get in touch理事、認定NPO法人アール・ド・ヴィーヴル理事、NPO法人エイブル・アート・ジャパン理事。
中津川浩章 公式サイト(外部リンク)
合同会社表現活動研究所ラスコー 公式サイト(外部リンク)