令和3年大雨被害への支援

災害復興支援
みんなのいのち
写真:住宅に流れ込んだ土砂。
広島県広島市西区

令和3年大雨で被災された皆さまならびにご家族の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
日本財団は、令和3年大雨により被害に遭われた被災者に対し、支援策を実施しています。

被災地支援策

1. NPO・ボランティア活動への支援

NPOボランティア団体への活動支援/1事業あたり上限100万円
新型コロナの状況を鑑み、被災県内に所在する団体に限ります。

2. 教育環境の整備(床上/床下浸水が対象)

被災した保育・幼稚園、小中学校、高校・専門学校、特別支援学校、短大・大学等に対する教材等(図書や体育用具、楽器等)の整備のため活用していただきます。

  • 申請については、原則、学校長からとなりますが、PTA代表者(校長の同意が必要となります)からの申請も可とします。

日本財団「令和3年8月大雨被害に関わる教育環境の整備支援」募集のご案内