2019年のジャーナル一覧

「見た目問題」は「見る目問題」。許容性のある社会が、みんなをもっと生きやすくする

その他

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 「見た目問題」とは、人と違う特徴的な外見を持つ人々が学校や就職、恋愛などで苦労する問題のこと メディアの画一的な「美の基準」によ

村本大輔と探る「見た目問題」。恋愛、結婚、就職について当事者が語る

その他

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 人とは違う特徴的な外見の人たちが、学校や就職、恋愛で苦労する「見た目問題」 初めて顔を見て驚かれるのは仕方のないこと。「見た目

沖縄合同旅行レポート【交流編】食う、寝る、遊ぶ。新しい仲間と共に過ごし成長した子どもたちの夏

プロジェクト
子ども

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 2泊3日の沖縄旅行に、西日本10拠点の「第三の居場所」から約80人の子どもたちが参加 人への思いやりや気遣いが、子どもたちの交流の

沖縄合同旅行レポート【体験編】新たなチャレンジや感動。子どもたちの世界を広げた2泊3日の旅

プロジェクト
子ども

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 「第三の居場所」は、教育や体験といった機会を通して、子どもたちの将来の自立に必要な力を養う場 「これは何だろう?」という好奇心が、子ど

ビジネスチャンスは社会課題の中にあり。世界的アクセラレターと日本財団が支援するソーシャルスタートアップの戦略

プロジェクト

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 「日本財団ソーシャル・チェンジ・メーカーズ」は、世界的アクセラレーターと協働して行う実践的起業支援プログラム イノベーションを起こ

生産性のない人間は生きる価値がないのか?『こんな夜更けにバナナかよ』著者・渡辺一史が問う

障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 人が生きていることの深みは、「生産性」という一面的な価値観では決して測れない重度障害者の自立生活において、「支える」と「支えられる」は

優れたソーシャルスタートアップの成長の支えに。世界的アクセラレターと日本財団がタッグを組む理由とは?

プロジェクト

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 「日本財団ソーシャル・チェンジ・メーカーズ」とは、社会課題に挑戦するスタートアップを支援する実践的プログラム 日本には、一定の成長が見

「愛することは、つくること」。アートを通じて考える社会の多様性

2020その先へ
ダイバーシティ
プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 2020年夏開催の展覧会「LOVE LOVE LOVE LOVE 展」。そのプレイベントは、アートや社会の多様性、愛と創作の深いつな

さんくーるにTWINS、人気動画クリエイターがパラスポーツを「やってみた」

プロジェクト

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 人気動画クリエイターのさんくーるとTWINSが、日本を代表するアスリートと共にパラスポーツを体験 パラスポーツの魅力の一つは、競技を

違いを「愛せる」社会は、豊かな社会。ニューヨークのキュレーターが語る、アートと多様性

2020その先へ
ダイバーシティ
プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 作品づくりも人間関係づくりも、人と人とのコミュニケーションが大切 話すことや聞くことができなくても、アートを介してコミュニケーショ

【ソーシャル人】音楽やデジタルを駆使して医療福祉を変える!始まりは大切な母や祖父への想い

子ども
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 医療福祉のことを身近に感じ、障害や病気のことを理解してもらうためにはエンターテインメントの力が必要 デジリハを通して、子どもたちが

「あるのはルールだけ。人種や障害に垣根はない」。中田英寿らHEROsアンバサダーが感じたパラスポーツの力

プロジェクト

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 日本を代表するアスリートたちが現役・OB、健常者・障害者の垣根を超えて対戦し、パラスポーツを体験 (競技の一つ一つが工夫されている)

子どもの学びサポーターズセッションレポート(前編)「学びにくさ」を抱える子どもたちに地域は何ができる?

プロジェクト
子ども

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 「学校に行きたくない」と感じている中学生は推計約43万人。学習面を理由に挙げる子どもの割合が大きい 社会全体の学びや不登校に対する意識

子どもの学びサポーターズセッションレポート(中編)地域の絆で「学びにくさ」を解消する

プロジェクト
子ども

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 理由はないけど学校に行くことができない子どももいる 子どもの「学びにくさ」を解決するには、人や居場所、地域とのつながりが重要 地域

子どもの学びサポーターズセッションレポート(後編)「学び」の形は、とてもシンプル!これからの時代の学びについて

プロジェクト
子ども

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 「学校に行かない=いけないこと」といった前提が子どもたちを苦しめている 今の教育現場は先生にかかる負担が大き過ぎる。「できる人に任

【会社づくりの参考書】レストランも農業も林業も本気で取り組む、福祉楽団が実践する創造する福祉

プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 仕事は細かく切り分けることで、多くの人が働きやすい環境になる 福祉事業も一般のビジネスと同様、仕事の「品質」や「見た目」が大切

NPOにとって大切な「社会的な信頼」。組織評価と向き合うNPO

その他

取材: 日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! NPOは市民との信頼関係を築いてこそ成り立つ組織である 「非営利組織評価センター」はNPOを第三者の立場で組織評価し、NPOと支

大切なのは「誰もが参加できること」。世界ゆるスポーツ協会・澤田智洋さんが追求するスポーツの可能性

プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 運動が苦手な人や障害がある人も楽しめるように考案された「ゆるスポーツ」がアツい! 若手クリエイターたちが手掛ける各競技には、それぞ

「海ごみゼロ王に俺はなる!」笹川会長がルフィにコスプレ?世界のコスプレイヤーが集うごみ拾いイベントが話題に

プロジェクト

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 海洋ごみの8割は、レジ袋やペットボトルやなど街で発生したごみが流出したもの 街中のごみを減らすことで、街だけでなく海まできれいにな

障害・年齢・運動神経不問!みんなが笑顔になる「ゆるスポーツ」を現役大学生が体験してみた

プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 「ゆるスポーツ」は、障害がある人や運動が苦手な人目線で生み出された新スポーツ “弱さを強さに変える”競技も多く、誰もが活躍できる