新型コロナウイルス対策に関する寄付金額と支援状況のご報告

みんなのいのち

新型コロナウイルス緊急支援へのご寄付について、多くの方々よりご協力をいただき誠にありがとうございます。 

以下、寄付金総額および支援状況につきましてご報告させていただきます。 

新型コロナウイルス緊急支援募金 

寄付の状況 2020年5月25日現在
7億2,549万4,294円

~ 活用させていただいた物資 ~

支援者:Uber Eats 様 

支援内容難病児の家族、貧困家庭の児童へ計10,000食分の食事を無償提供
食料品の買い物に出かけることも難しい難病児の家庭、食事の機会が減ってしまった児童と家族が、少しでも食事を楽しめる時間を提供
写真:お弁当配達の支援活動(イメージ)
【日本財団ジャーナル】 Uber Eatsが困窮家庭に食事を無償提供。人の命と心を「食」がつなぐ

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、困難な状況に陥っている子ども達や医療従事者など最前線で働く皆さまを応援する本プロジェクトへの更なるご協力を宜しくお願い申し上げます。

「LOVE POCKET FUND」(愛のポケット基金)

寄付の状況 2020年5月25日現在
2億530万3,963円

~ 寄付金の支援先 ~

【子どもたちへの緊急食支援】

事業名 新型コロナウイルス対策緊急食支援事業
事業内容 新型コロナウイルスの影響によって臨時休校となるなど、給食など 栄養のある食事を十分に接種する機会がなくなった生活困窮世帯の児童を中心に、全国各地域の子どもの居場所の運営団体(65拠点を予定)が弁当や食材を提供いたします。 また、食事の配布・配達時に各種生活支援策の情報提供を行ったり、特に配慮が必要な世帯に対して相談等の個別支援を行います。
支援先 特定非営利活動法人全国こども食堂支援センター・むすびえ
支援金額 4,125万0,000円

【医療従事者の移動支援】

事業名 新型コロナウイルス感染症に対するタクシーを活用した医療従事者の移動支援
事業内容 コロナ対策に従事している医療従事者がいまだに多くいる現実、風評被害で一般外来にも影響があり、経営危機に陥っている医院が多く出てきています。
この状況を踏まえ、1医療機関あたり100万円のタクシーチケットを提供し、医療従事者の通勤時の移動等を支援通勤に伴う医療従事者の身体的・精神的負担の軽減を目的としています。
まずは、全国で最も患者数が多く、高い病床使用率が続いてきた東京から支援を実施し、本事業をモデルとして、今後状況をみながら他地域でも同様の支援を検討していきます。
支援金額 1医療機関 100万円 50カ所 計5,000万0,000円

(以上 支援決定順)


新型コロナウイルス感染拡大の影響により、困難な状況に陥っている子ども達や医療従事者など最前線で働く皆さまを応援する本プロジェクトへの更なるご協力を宜しくお願い申し上げます。 

皆さまからお預かりしたご寄付は、今後も大切に活用させていただきます。 
皆さまからの温かいご支援に厚く御礼申し上げます。

2020年5月25日現在