活動状況・お知らせ

最新の活動状況・お知らせ

長期化する休校期間をポジティブに乗り越える子どもたち

子どもの貧困対策

一斉臨時休校から2カ月半、長期化する休校 3月2日からの一斉臨時休校から2カ月半が経過しました。新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される地域では、第三の居場所の受け入れ児童を限定したり利用時間を短

交流会を通して広がる奨学生の輪

日本財団夢の奨学金

こんにちは。夢の奨学金事務局です。 5月に入り、夏の兆しを感じる季節となりました。 本来であれば新しい学校にも慣れ始める頃でしょうか。 今年は新型コロナウイルスの影響もあり、夢の奨学金の奨学生たち

地域の小児向け在宅医療を進歩させた研修会

難病児支援

こんにちは。「難病の子どもと家族を支えるプログラム」活動報告ページへようこそ。 国内事業開発チーム 難病の子どもと家族を支えるプログラムチームです。 今回は一般社団法人Peace Coの取り組みをご紹介

ご寄付を活用し、支援させていただいた団体のご紹介

HEROs Sportsmanship for the future

日本財団HEROsは、アスリートの社会貢献活動を推進することで、ファンやスポーツで繋がる多くの方の社会課題に対する関心や行動を生み出し、社会課題解決の輪が広がる未来をつくることを目的とし活動しています。

問題解決の第一歩は、現実を直視すること

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急支援

新型コロナウイルス緊急支援対策チームの花岡です。 さて、本稿では、前回に引き続き、株式会社三菱総合研究所(MRI)から発表された新型コロナウイルスに関する興味深いレポート(以下のリンク参照)をご紹

「想定外」を想定した対策を

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急支援

新型コロナ緊急支援対策チームの花岡です。日本財団は新型コロナウイルスに対する緊急策として、「船の科学館」など首都圏の2ヶ所(東京・お台場、つくば市)に計1万床の整備を発表いたしました。まずは、4月末に完

新型コロナウイルス感染拡大に対応する第三の居場所

子どもの貧困対策

新型コロナウイルス感染拡大により、子どもたちも学校が休校になったり、居場所がなくなったりと困難に直面しています。日本財団が全国で展開する第三の居場所の各拠点では、感染症対策を強化しながら、子どもたちの安

難病の子どもと家族をみんなで支える地域拠点

難病児支援

こんにちは。「難病の子どもと家族を支えるプログラム」活動報告ページへようこそ。国内事業開発チーム 難病の子どもと家族を支えるプログラムチームです。今回は社会福祉法人くるみの取り組みをご紹介します。

この春卒業を迎えた奨学生からのメッセージ

日本財団夢の奨学金

こんにちは。夢の奨学金事務局です。 4月に入り、新生活を始められたみなさん。ご入学、ご進級おめでとうございます。 この春卒業を迎えたある奨学生から、メッセージが届きました。2期生として3年間

子どもの貧困対策モデルとして第三の居場所が全国30拠点に

子どもの貧困対策

開会挨拶をする日本財団常務理事 笹川順平 日本財団は、2016年から子どもの貧困対策として全国各地に第三の居場所を提供しています。子どもたちが、生まれ育った家庭の経済状況や家庭環境に関わらず、未来