活動状況・お知らせ

最新の活動状況・お知らせ

「スペシャルニーズのある子どもと家族支援を考えるシンポジウム」を開催(2)

難病児支援

「難病の子どもと家族を支えるプログラム」活動報告ページへようこそ。こんにちは。国内事業開発チーム 難病の子どもと家族を支えるプログラムチームです。 子どもの可能性も、自分の可能性も〝決めつけない〟

「2019年度 第1回交流会を開催しました」

日本財団夢の奨学金

4年目がスタートした「日本財団夢の奨学金」。「日本財団夢の奨学金」では、初年度から継続して奨学生同士の親睦を深めるための交流会を開催しています。その2019年度第1回目の交流会が、5月25日、26日の2

地域に愛される、個性豊かな楽しい「第三の居場所」に

子どもの貧困対策

広々としたリビングスペース 「ただいまー!」と元気な声で、走って帰ってくる子どもたち。2019年3月、沖縄県うるま市に市内2拠点目となる田場拠点がオープンし、すでに14名の子どもたちが毎日拠点で過

HEROs AWARD 2018受賞団体 浦和レッドダイヤモンズ 浦和レッズハートフルサッカー inアジア2019を開催

HEROs Sportsmanship for the future

HEROsでは、皆さんから寄せられた寄付金を活用し、スポーツの力を有効に活用して子どもたちの支援を進めています。今月は、HEROs AWARD 2018の受賞団体である浦和レッズハートフルクラブが4月に

被災地の住民から不満を聞き出してニーズに合った支援を行う

平成30年北海道胆振東部地震被災地支援

断水中のこども園で炊き出しをする様子 平成30年北海道胆振東部地震は、北海道各地に大きな被害をもたらしましたが、被災地を支援するために、北海道内及び北海道外から様々な団体が駆けつけ、支援活動を行っ

被災地の子どもを支えるために保護者や保育士の『心のケア』をして被災地を支援する

平成30年北海道胆振東部地震被災地支援

被災後の柵を修復する安平町の子ども園 平成30年北海道胆振東部地震は、北海道各地に多くの被害をもたらしましたが、被災地で暮らす住民の中には、たとえ外傷を受けていなくても、精神的に大きな傷を負った方

北海道の被災地に寄せられる道内・道外からの支援

平成30年北海道胆振東部地震被災地支援

北海道胆振東部地震で被災した養鶏家の小林廉さん 2019年9月6日に発生した胆振東部地震は、北海道内に大きな被害をもたらしましたが、畜産業や農業などを営む事業者にも大きな影響を与えています。被

初めてのキャンプで得た「大きな自信」

子どもの貧困対策

初めてのテント張り。子どもたちは四苦八苦しながらも楽しんだ 春休み。新芽が出て、桜が花開き、多くの人が新たなスタートを迎える季節。子どもたちにとっては、新しい学年を出発する直前の期間です。

奨学金申請書が夢へのチケットに~2020年度募集を開始します~

日本財団夢の奨学金

日本財団夢の奨学金は、近日中に2020年度奨学生募集についての発表を予定しています。 来年度募集にあたり、支給内容の一部変更を予定しておりますが、制度設立時から変わらず『未来を諦めないその強い意思に応え

「スペシャルニーズのある子どもと家族支援を考えるシンポジウム」を開催

難病児支援

「難病の子どもと家族を支えるプログラム」活動報告ページへようこそ。 こんにちは。国内事業開発チーム 難病の子どもと家族を支えるプログラムチームです。 医療的ケアの必要な子どもとその家族を支える、地