活動状況・お知らせ

最新の活動状況・お知らせ

HEROs AWARD2020・HEROs OF THE YEARが決定

HEROs Sportsmanship for the future

HEROs AWARD 2020受賞者(左から堀江航氏、田中時宗氏、二村元基氏、有村智恵氏、炭谷銀仁朗氏)※二村氏は、本田圭佑氏の代理として受賞 日本財団HEROsでは、年に1度スポーツの力やアス

子どもから高齢者まで、みんなが幸せになる場所

難病児支援

こんにちは。「難病の子どもと家族を支えるプログラム」活動報告ページへようこそ。国内事業開発チーム 難病の子どもと家族を支えるプログラムチームです。今回は公益社団法人鳥取県看護協会の取り組みをご紹介します

サッカー本田圭佑選手から図書カードの贈り物

日本財団夢の奨学金

夢に向かって頑張る奨学生を応援しようと、サッカーの本田圭佑選手が「日本財団夢の奨学金」奨学生に図書カードを贈ってくださることになり、その贈呈式が11月15日、東京都・赤坂の日本財団ビルで行われま

子どもの「やってみたい」を実現。沖縄・うるま拠点の企画書づくり

子どもの貧困対策

企画書づくりを進める子ども達の様子。 今回ご紹介するのは、沖縄・うるま市にある拠点です。うるま拠点では、子ども達の「やってみたい」をスタッフが後押しし、様々な願いを叶えてきました。

HEROs STARTUPの募集を開始

HEROs Sportsmanship for the future

HEROsでは今年から、スポーツの力を活用した新規社会貢献事業を支援するプロジェクト「HEROs STARTUP」を開始しました。 HEROs STARTUPでは、これから挑戦してみたい活

HEROs ONE LIVEについて

HEROs Sportsmanship for the future

今年7月に熊本県を襲った豪雨災害から4か月が経過いたしました。熊本県の被災地の状況は、今ではほとんど報道されることはありませんが、現状はまだまだ復興道半ばです。今回HEROsでは、日本財団が協賛している

因島の歴史と風土から生まれた、「囲碁教室」と「島キャンプ」

子どもの貧困対策

広島県尾道市の因島拠点のプログラムをご紹介します。 全国各地に37箇所ある第三の居場所。その中で、島に居場所があるという特徴をもつのが広島県尾道市の因島拠点です。今回は、島ならではの歴史や風土を生

奨学生インタビュー~自分で児童養護施設をつくりたい~

日本財団夢の奨学金

今回のインタビューは、4期生で聖学院大学の心理福祉学部心理福祉学科2年、藤本翔さん(20)です。「児童福祉施設の職員になりたい」と大学に進学しましたが、授業やアルバイトを機に視野が開け、より大きな挑戦に

当たり前のことを誰もができる社会を

難病児支援

こんにちは。「難病の子どもと家族を支えるプログラム」活動報告ページへようこそ。国内事業開発チーム 難病の子どもと家族を支えるプログラムチームです。今回は社会福祉法人フラットの取り組みをご紹介します。

【現地レポート】被災地支援における重機の重要性

令和2年7月豪雨被害への支援

※日本財団は熊本県球磨村からの要請を受けて、重機作業を中心とするボランティア部隊を派遣しました。本レポートは、ボランティアの一員として参加した当財団職員が執筆しました。